パブストリートにあるカフェ・ラティーノのステーキがおいしかった!

latino_1



今回は、シェムリアップのパブストリートにあるカフェ・ラティーノ(CAFE LATINO)というお店を紹介したいと思います。


スポンサーリンク




特に何も考えずにフラっと入った店でしたが、ここは当たりでした。



latino_2



店内の写真です。メキシコ風の内装でしょうか。



latino_3



注文したのは前回の記事のネタと同じステーキです。



latino_4



今回はカンボジア産の肉のフィレステーキを選択しました。値段は10ドル程度です。



latino_5



カンボジアの肉ということで少し不安でしたがびっくりするほおいしかったです。



肉に微妙に味がつけられていて焼き方がうまいです。



またこの店では、日曜の夜限定でブラジル式のシュラスコが食べられるようです。



latino_6



シュラスコは食べ放題で15ドルのようです。ステーキが10ドルだったことを考えるとかなりお得感がありますね。



実際に食べてはいないですが、ステーキがおいしかったことを考えると肉料理に関してはかなり期待できると思います。



こちらカフェ・ラティーノの場所は、パブストリートの中心部でファクトリーアウトレットストアの左隣にあります。



latino_7



前回の記事で、tellというちょっと有名なステーキのお店を紹介しましたがここも負けていないと思います。



店の立地もよいのでおすすめです。


スポンサーリンク



コメント

  1. Masayuki Ito より:

    カンボジア肉のステーキをほめてくださってありがとう。この数年、カンボジアでステーキの食べ歩きをしています。やわらかい霜降り肉になれた日本の人にそのおいしさを伝えるのは難しいですね。赤身で場所によってはすごく堅いこともよくあります。何度も噛めばすむことですし、かえって牛肉本来の滋味が出てきます。TELLは最も頻繁に行きますが、いつもローカルビーフ(200グラム10.5ドル)で、外国産のステーキはトライしたことがありません。グリーンペッパーソースがおいしいので、柔らかい肉だったらさぞかしおいしいでしょうね。カンボジアの牛肉についての報告がほとんどないので、投稿してみようと思いました。よんでくださってありがとう。

    • 管理人 より:

      コメントいただきありがとうございます。

      カンボジア肉のステーキ美味しいですよね。ちょっと意外といっては失礼ですが実際に食べるまでカンボジア産の肉がこんなに美味しいとは思いませんでした。

      tellで食べた外国産のステーキももちろん美味しかったですがカフェ・ラティーノで食べたカンボジア産のステーキも遜色ないくらいに美味しかったです。

      シェムリアップは外国人観光客も多いのでブログで紹介させていただいたお店以外にも美味しいステーキが食べられるお店がほかにもありそうですね。

      私も次回カンボジアを訪れたときには、ステーキの食べ歩きをしたいものです。そのときは現地の肉にこだわってみるのもおもしろそうですね。