カンボジア プノンペンにある二つの有名マーケットを散策

今回は、プノンペンにある二つの有名マーケットを散策してきたときの様子について書きたいと思います。



紹介するのは、セントラルマーケットロシアンマーケットです。


スポンサーリンク



セントラルマーケット

まずはプノンペン中心部にあるセントラルマーケットです。



ph-market_1



セントラルマーケットの正面入り口の写真です。



ph-market_2



こちらのセントラルマーケットは2013年に改装工事が終了したそうで、意外にきれいでした。



ph-market_3



マーケットの中央には時計塔のようなものがあり、その周辺には宝石や時計などの貴金属を売る店が集まっています。



ph-market_4



この中央のドーム型の建物だけでも一見の価値があると思います。



市場には、生活に必要なものは一通り何でも売っているような感じでした。



なかでも、服やカバン、クツなどの服飾関連の品物が多かったような気がします。



ph-market_6



地元の人が買うような古着を扱う店も多くありました。



ph-market_6-2



何か探せば掘り出し物があるのでしょうか?



ph-market_6-3



観光客向けのお土産屋さんもたくさんあります。



ph-market_5



食事のできる屋台もあります。



ph-market_7



こちらセントラルマーケットは、プノンペンに来たらぜひ訪れておきたい観光名所のひとつだと思います。


スポンサーリンク



ロシアンマーケット

続いてはロシアンマーケットです。正式名称は、トゥールトンポンマーケットです。



ph-market_7-5



ロシアンマーケットと呼ばれる理由は、内戦中の80年代、ロシア人がよくここに買いものに来ていたことからだと言われています。



骨董品や民芸品を扱うお店が多く集まっていることでも有名です。



こちらのロシアンマーケットは、どちらかというと地元の人向けのマーケットのようです。



ph-market_10



とはいえ、やはり多くの観光客を見かけました。



ここでも洋服がけっこう売られていました。山積みです。アジアの市場という感じがしますね。



ph-market_9



こちらのロシアンマーケットはみやげ物の種類の豊富さや値段の安さはセントラルマーケットよりも上という評判ですので、覗いてみるのもいいかもしれません。



ph-market_8



マーケットの周りにはアウトレットショップのような洋服屋がまとまってあります。



ph-market_12



ph-market_11



なかにはこんなオシャレなお店もありました。



ph-market_13



店内の様子です。



ph-market_14



カンボジアも変わってきていますね。



ph-market_15



さて、今回はセントラルマーケットとロシアンマーケットという二つの有名マーケットを紹介しました。



プノンペンには、ほかにもオリンピックマーケット、オールドマーケット、オルセーマーケットなどもあるので合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。



ぶらぶら見て回るだけでも楽しいと思います。


スポンサーリンク