ラオス ビエンチャンのワットタイ国際空港の情報いろいろ

Laoairport_16



今回は、ラオスのビエンチャンにある空港についての情報を紹介したいと思います。



空港の名前は、ワットタイ国際空港(Wattay International Airport)です。


スポンサーリンク



空港・市内の移動について

空港から市内への移動については、クーポンタクシーで65,000kipでした。ドルでの支払いも可能で、その場合は8ドルです(2015年)。



チケットカウンターは、空港の出口付近にあります。小さい空港なのですぐわかると思います。



また、市内のホテルから空港への移動についてですが、ホテルを通してタクシーの予約したところ、全く同様の料金でした。



自分でドライバーと直接交渉したりすればもうちょっと安くなるかもしれませんが、だいたいこのくらいが相場のようですので参考にしてみてください。



空港から市内までの時間は、15分程度だと思います。


空港の中の様子

さて、ビエンチャンのワットタイ国際空港ですが、とても一国の首都の空港とは思えないほど小じんまりとしてのんびりした感じの空港です。



下の写真は国際線のターミナルの入口です。国内線ターミナルもすぐ隣にあります。



Laoairport_1



こちらはチェックインカウンター前の写真です。



Laoairport_2



このつきあたりが、到着ロビーになります。



Laoairport_3



数はそんなにないですがレストランやカフェも何軒か。



Laoairport_5



みやげ物店も何店舗かありました。



Laoairport_4



2階から見た1階の様子。



Laoairport_6



搭乗ゲートフロアの写真です。



Laoairport_7



搭乗ゲート近くにあるお土産屋さん。



Laoairport_8



この空港は市内からそんなに離れていないですし、飛行機の便数自体もそんなに多くないので混雑することはあまりないのではないでしょうか。



なので、そんなに時間に余裕を持っていく必要もないのかなという感じがしました。



早く行き過ぎても時間を持て余してしまうと思います。


スポンサーリンク



空港ラウンジについて

空港のラウンジについてですが、ワットタイ国際空港にはプライオリティーパスで利用できるラウンジはありません。



しかし、ラウンジ自体はひとつあります。セキュリティ検査を抜けた登場ゲートの近くです。



こちらのラウンジはバンコクエアウェイズの利用者であれば、無料で利用することができます。



Laoairport_15



今回のフライトは運よくバンコクエアウェイズであったためこちらのラウンジを利用してみました。



ラウンジ内の写真です。



Laoairport_9



無料の食事もあります。



Laoairport_10



ドリンク類も。



Laoairport_12



こんなラオスっぽいものも。



Laoairport_13



かわいらしいケーキ。



Laoairport_14



こちらのラウンジですが、豪華さこそないものの、Wifiも使えましたし、食事、ドリンクも無料で利用できたのは助かりました。バンコクエアウェイズもなかなか太っ腹です。



以上、ビエンチャンのワットタイ国際空港の情報でした。


スポンサーリンク