広告

嘉義市立美術館(旧嘉義専売局)の見どころ・感想・基本情報※雰囲気のいいリノベ施設

台湾・嘉義にある嘉義市立美術館(旧嘉義専売局)について紹介します。

日本統治時代の専売局の建築群をリノベーションした雰囲気のいい施設です。

スポンサーリンク

嘉義市立美術館(旧嘉義専売局)の見どころと感想

嘉義市立美術館 旧嘉義専売局 見どころ 感想 基本情報 リノベ

嘉義市立美術館(旧嘉義専売局)はどんなところ?

嘉義市立美術館は、台湾嘉義市にある2020年に開館した美術館で、定期的にさまざまな展示が行われています。

美術館は、日本統治時代の専売局の庁舎や倉庫などの建築群をリノベーションした施設になっています。

旧庁舎本館は、台北の専売局松山煙草工場(松山文創園区)、台南の林百貨などを手掛けたことでも知られる梅澤捨次郎氏による設計で1937年に竣工しました。L字型の建物でスクラッチタイル張りの丸みを帯びた外壁が特徴です。

戦後、専売局は中華民国政府に接収され菸酒公売局(嘉義分局)となりましたが、建物自体は市の古蹟登録を受けた2000年まで継続して使用されていました。

嘉義市立美術館(旧嘉義専売局)へのアクセス(行き方)

嘉義駅(台湾鉄道)から徒歩約5分。

見どころ・感想

こちらが嘉義専売局の庁舎本館であった建物です。

嘉義市立美術館 旧嘉義専売局 見どころ 感想 基本情報 リノベ

専売局の庁舎時代は中山路に面したこちらの入り口が使われていましたが、美術館の入り口はこの建物の裏の廣寧街に面した場所にあります。

裏に回ると建物に囲まれた綺麗な広場があります。左側の建物が旧酒類倉庫で、右側のガラス張りの建物が旧製品倉庫です。

嘉義市立美術館 旧嘉義専売局 見どころ 感想 基本情報 リノベ

旧酒類倉庫の建物には雰囲気のよさそうな飲食店も入っていました。

嘉義市立美術館 旧嘉義専売局 見どころ 感想 基本情報 リノベ

旧製品倉庫が美術館の本館になっています。

嘉義市立美術館 旧嘉義専売局 見どころ 感想 基本情報 リノベ

壁一面のガラスと木の梁が特徴的な吹き抜け。

嘉義市立美術館 旧嘉義専売局 見どころ 感想 基本情報 リノベ

展示されていた作品。

嘉義市立美術館 旧嘉義専売局 見どころ 感想 基本情報 リノベ

こちらは旧庁舎本館の内部です。エメラルドグリーンのドアや窓枠が鮮やかです。

嘉義市立美術館 旧嘉義専売局 見どころ 感想 基本情報 リノベ

展示室。

嘉義市立美術館 旧嘉義専売局 見どころ 感想 基本情報 リノベ

吹き抜けの螺旋階段や円形の窓などからは当時の面影を感じることができます。

嘉義市立美術館 旧嘉義専売局 見どころ 感想 基本情報 リノベ

ここ嘉義市立美術館は、一般的にイメージされる美術館のような敷居の高さはなく誰でも気軽に訪れることができるような場所だと感じました。飲食店やショップも少し入っていて、嘉義駅からのアクセスもいいので美術館自体に興味はなくても訪れてみる価値はあると思います。

美術館からすぐの場所にあるかつて専売局の管理下にあった酒工場跡地は、嘉義文化創意産業園区として生まれ変わりこちらも再活用されています。

嘉義市立美術館 嘉義文化創意産業園区
合わせて読みたい
嘉義文化創意産業園区の見どころ・感想・基本情報※日本統治時代の酒工場跡地のリノベスポット

台湾・嘉義にある嘉義文化創意産業園区について紹介します。 日本統治時代の酒工場跡地のリノベスポットです。

嘉義市立美術館(旧嘉義専売局)の基本情報

嘉義市立美術館(旧嘉義専売局)の場所の地図は以下の通りです。

住所 嘉義市西區廣寧街101號
電話 +886 5-227-0016
営業時間 火曜日~日曜日 9:00~17:00
休み 月曜日
入場料 大人 50元
子供 25元
公式HP https://chiayiartmuseum.chiayi.gov.tw/

おわりに

以上、嘉義市立美術館(旧嘉義専売局)についての紹介でした。

嘉義へ行った際には訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

人気記事

1

海外旅行の個人的な楽しみのひとつに空港ラウンジ巡りがあります。空港ラウンジは決して一部の特別な人しか利用できないわけでは ...

-台湾
-