広告

旧嘉義農林学校校長官舎の見どころ・感想・基本情報※1930年竣工の木造長屋

台湾・嘉義にある旧嘉義農林学校校長官舎について紹介します。

日本統治時代の1930年に建てられた木造長屋です。

スポンサーリンク

旧嘉義農林学校校長官舎の見どころと感想

旧嘉義農林学校校長官舎 見どころ 感想 基本情報

旧嘉義農林学校校長官舎はどんなところ?

旧嘉義農林学校校長官舎は、1930年に校長官舎として建てられましたが、その後は教職員の宿舎として使用されていました。2003年からは卒業生OB会のオフィスとして利用されているようです。

嘉義市の指定古蹟にも登録されています。

旧嘉義農林学校校長官舎へのアクセス(行き方)

嘉義駅(台湾鉄道)から徒歩約25分。

見どころ・感想

官舎は地元阿里山産の檜木を使用した、奇棟屋根と水平棟が特徴的な和洋折衷の木造長屋です。

旧嘉義農林学校校長官舎 見どころ 感想 基本情報

庭には野球像もありました。

旧嘉義農林学校校長官舎 見どころ 感想 基本情報 銅像
合わせて読みたい
【嘉義】中央噴水池の見どころ・感想・基本情報※映画『KANO』のロケ地巡り

台湾・嘉義にある中央噴水池について紹介します。 映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』にも登場する噴水池で、KAN ...

旧嘉義農林学校校長官舎の基本情報

旧嘉義農林学校校長官舎の場所の地図は以下の通りです。

住所 嘉義市東區忠孝路188號

おわりに

以上、旧嘉義農林学校校長官舎についての紹介でした。

嘉義へ行った際には訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

人気記事

1

海外旅行の個人的な楽しみのひとつに空港ラウンジ巡りがあります。空港ラウンジは決して一部の特別な人しか利用できないわけでは ...

-台湾
-