広告

国際商場(旧高雄銀座)の見どころ・感想・基本情報※日本統治時代の1937年開業の商業施設

台湾・高雄にある国際商場(旧高雄銀座)について紹介します。

日本統治時代の1937年に開業した商業施設です。

スポンサーリンク

国際商場(旧高雄銀座)の見どころと感想

国際商場 旧高雄銀座 見どころ 感想 基本情報 日本統治時代 商業施設

国際商場(旧高雄銀座)はどんなところ?

国際商場は、台湾高雄市にの歴史ある商店街で、1936年の建設に始まり、翌1937年に正式に開業しました。日本統治時代には、高雄銀座と呼ばれ、高雄市の商業の中心地として繁栄しました。

戦後、名称を国際商場に変更し、商業活動は継続されましたが、時間の経過と共に、往時の活気は次第に失われていきました。

それでも、最近では新規店舗の開業や地域活性化の取り組みも見られ、かつての賑わいを取り戻そうとする動きもあるようです。

国際商場(旧高雄銀座)へのアクセス(行き方)

MRT橘線鹽埕埔駅、1番出口、4番出口から徒歩約5分程度。

紅52路バスで国際商場下車すぐ。

見どころ・感想

国際商場(旧高雄銀座)は南北の入口が洋風の4階建てになっており、南側の玄関ビルは現在も残っています。

国際商場 旧高雄銀座 見どころ 感想 基本情報 日本統治時代 商業施設

店舗は数えるほどですがアーケード内には普通に入ることができます。

国際商場 旧高雄銀座 見どころ 感想 基本情報 日本統治時代 商業施設

2階以上は集合住宅になっており、生活の気配が感じられます。

国際商場 旧高雄銀座 見どころ 感想 基本情報 日本統治時代 商業施設

こちらはアーケード内にある数少ない店舗の1つ、銀座聚場(House of Takao Ginza)です。

国際商場 旧高雄銀座 銀座聚場 House of Takao Ginza

銀座聚場は、チャイナドレス店をリノベーションしたカフェ兼民泊施設(8名以下の一棟貸切のみ受付)です。公式サイトには日本語のページも用意されています。

国際商場(旧高雄銀座)の基本情報

国際商場(旧高雄銀座)の場所の地図は以下の通りです。

住所 高雄市鹽埕区五福四路260号

おわりに

以上、国際商場(旧高雄銀座)についての紹介でした。

高雄へ行った際には訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

人気記事

1

海外旅行の個人的な楽しみのひとつに空港ラウンジ巡りがあります。空港ラウンジは決して一部の特別な人しか利用できないわけでは ...

-台湾
-