広告

高雄市武徳殿の見どころ・感想・基本情報※日本統治時代の1924年創建の武道場

台湾・高雄にある高雄市武徳殿について紹介します。

日本統治時代の1924年創建の武道場です。

スポンサーリンク

高雄市武徳殿の見どころと感想

高雄市武徳殿 振武館 見どころ 感想 基本情報 日本統治時代 武道場

高雄市武徳殿はどんなところ?

高雄市武徳殿は、日本統治時代に武道鍛錬の場として各地に建てられた「武徳殿」の一つで、当初は「振武館」と呼ばれていました。

1924年に創建された建物は、近代和風の平屋建てで、煉瓦造りの外壁と入母屋造の屋根が特徴です。1999年に市定古蹟に登録され、2003年からの修復を経て、現在は再び武道場として利用されています。

台湾に残る武徳殿の中でも、武道場としての機能を維持している貴重な例となっています。

高雄市武徳殿へのアクセス(行き方)

MRT橘線西子灣駅、2番出口から徒歩約10分程度。

見どころ・感想

高雄市武徳殿は鼓山の山肌に位置しています。

高雄市武徳殿 振武館 見どころ 感想 基本情報 日本統治時代 武道場

赤煉瓦が綺麗な外観です。湿気対策のため窓が多く設けられているのも特徴です。

高雄市武徳殿 振武館 見どころ 感想 基本情報 日本統治時代 武道場

現在も現役の武道場として使われています。

高雄市武徳殿 振武館 見どころ 感想 基本情報 日本統治時代 武道場

高雄市武徳殿の基本情報

高雄市武徳殿の場所の地図は以下の通りです。

住所 高雄市鼓山区登山街36号
電話 +88675317382
営業時間 10:00~18:00
休み 月曜日
HP https://www.facebook.com/butokuden1924/

おわりに

以上、高雄市武徳殿についての紹介でした。

高雄へ行った際には訪れてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい
屏東演武場(屏東武徳殿)の見どころ・感想・基本情報※1930年創建の武道場

台湾・屏東にある屏東演武場(屏東武徳殿)について紹介します。 日本統治時代の1930年創建の武道場です。

スポンサーリンク

人気記事

1

海外旅行の個人的な楽しみのひとつに空港ラウンジ巡りがあります。空港ラウンジは決して一部の特別な人しか利用できないわけでは ...

-台湾
-