ルワンダ

映画「ホテルルワンダ」の舞台・ミルコリンに泊まってみた感想

更新日:

今回は、映画「ホテルルワンダ」の舞台・ミルコリンに泊まったときの感想を紹介します。



先日、ルワンダのキーホルダーの記事を書く際に、写真を整理していたらミルコリンに泊まったときのホテルの写真が出てきました。



実際に宿泊したのは少し前の話ですが、せっかくなので記事にしたいと思います。


スポンサーリンク


映画「ホテルルワンダ」とは?

映画「ホテルルワンダ」のWikipediaによる概要は次の通りです。


1994年、ルワンダで勃発したルワンダ虐殺によりフツ族過激派が同族の穏健派やツチ族を120万人以上虐殺するという状況の中、1200名以上の難民を自分が働いていたホテルに匿ったホテルマン、ポール・ルセサバギナの実話を基にした物語である。

ホテル・ルワンダ – Wikipedia Japnese




あらすじは次のようなものです。


フツ族の過激派が巻き起こした混乱状態の中で、ホテルの副支配人だったポールは自分の家族を救うことだけを考えた。しかし、虐殺が始まったことを知り、その重大さに気がついた彼はホテルにツチ族やフツ族の難民をともに受け入れることを決断する。

無力ながらも踏みとどまり続ける国連軍や有名ホテルとしてのステータスを盾に人々を過激派からかばい続ける一方で、ホテルの支配人として培った人間関係を利用して彼は1268人の難民の命を救うことに奔走する。

ホテル・ルワンダ – Wikipedia Japnese




1990年代のルワンダ国内におけるフツ族とツチ族の民族紛争・虐殺の際に、有名ホテルの副支配人が避難民を匿い多くの命を救ったことを描いた映画です。



そして、この映画のなかで避難民たちを匿う舞台となったホテルというのが、ミルコリン(正式名称:オテル・デ・ミル・コリン Hôtel des mille collines)です。



このようなジェノサイドが起きたのが、1994年とつい最近の出来事であるということに本当に大きな衝撃を受けいつか自分の目でルワンダという国を見てみたいと思ったのがルワンダを訪れる大きな動機となりました。




ミルコリンの宿泊レビュー

ルワンダの歴史に興味を持ち、ルワンダを訪れると決めた際には、ぜひこのミルコリンに宿泊したいと考えていました。



ミルコリンは四つ星ホテルで、高級ホテルに分類されるとは思いますが、宿泊料金自体はそれほど高額ではなかったため十分予算の範囲内でした。



ホテルの予約自体は下記リンク先のような海外ホテル予約サイトから簡単に行うことができました。



ミルコリンの料金を確認する




それでは、以下、実際に泊まったときの写真を交えながらミルコリンの様子を紹介していきたいと思います。



注意実際に泊まったのは少し前になるので最新の情報とは異なる可能性があります。


ミルコリンのロケーション・ホテル周辺の様子

以下、ミルコリンの場所の地図です。ルワンダの首都キガリの中心部になります。







こちらがホテル周辺の写真です。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



この辺りは住宅街というわけではないと思いますがとても閑静な場所です。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



ルワンダ全土に言えることだと思いますが、街中にほとんどゴミが落ちていなくてとても綺麗です。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



ホテルから歩いて約10分くらいのところにスーパーが入った小さなショッピングセンターのようなものがあります。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



ローカル向けのレストランやお土産屋などもありました。



ルワンダ自体はアフリカの他の国に比べて治安はいいと思うので、夜遅くとかでなければ出歩いても特に問題はないかと思われます。


ミルコリンの入り口・エントランス

ホテルへの入り口はこのようになっています。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



このクラスのホテルとなれば当たり前ですが、門のところにセキュリティがいて勝手にホテル内へは入れないようになっているので安全です。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



ホテル自体の建物への入り口はこちらです。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



敷地内のホテル入り口横には旅行代理店などもはいっていました。マウンテンゴリラを見に行くツアーなども申し込めるようでしたよ。


ミルコリン内の様子

こちらはレセプションです。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



レセプションと客室のエリアをつなぐ廊下。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



客室へと続く廊下。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



プール。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



泳いでいる人は少なかったですが綺麗でした。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



使われているのか分かりませんがテニスコートもありました。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真


ミルコリンの客室の様子

宿泊した部屋は特別豪華というわけではないですがシンプルで綺麗な部屋でした。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



バルコニーからの見晴らしがよかったです。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



トイレとバスルームの様子です。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



バスタブつきでした。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真


ミルコリンの朝食やレストラン

続いて、ホテル内のレストランについて紹介します。


朝食会場のレストラン

まずは、朝食を食べたレストランについてです。


朝食の様子

こちらは朝食会場の様子です。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



朝食は種類も豊富でまぁまぁ豪華でした。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



ステーキなどもあって朝からけっこうボリューム満天でした。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



レストランからの景色の見晴らしも素晴らしかったです。このホテルが丘の上にあるというのがよくわかります。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真


夕食の様子

朝食が提供されているこのレストランではディナーも食べることができます。



キガリ滞在中、体調があまりよくなかったこともあり、何度か食事をとりました。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



ルワンダがフランスの植民地だったということが関係しているのかは分かりませんが料理は美味しかったです。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



このステーキもものすごく肉が柔らかく上品な味でした。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真


プールサイドのレストラン

プールサイドにもレストランがあります。こちらも何度か利用しました。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



お昼ご飯に食べたハンバーガー。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



メニューにはありませんでしたが、体調を崩していたときにフルーツの盛り合わせを出してくれたのは嬉しかったです。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



高級ホテル内ということで、値段は多少しますが、どちらのレストランも昼・夜ともに旅行者や現地のビジネスマン風の人などお客さんはそれなりに入っていました。



ホテルの宿泊客でなくても利用できるみたいですね。


まとめ

以上が実際に宿泊した際の様子になります。



ずっと泊まってみたいと思っていたホテルだったのでとても満足のいく素晴らしい時間を過ごすことができました。



やはり、現地でも有名なホテルなのか、空港や街中でタクシーを利用する場合、「ミルコリン」といえば場所の説明をしなくてもすぐに通じました。



スタッフもよく教育されていてここで働いていることに誇りを持っているようでしたね。



ホテルの格式も感じられ気持ちよく快適に滞在することができたのは間違いないです。



ミルコリンの料金を確認する



おわりに

旅行でルワンダを訪れる人はそれほど多くはないと思いますが、自分がそうであったように、ルワンダの負の歴史に興味を持ちどうしても行ってみたいと考えている人も少なからずいるのではないでしょうか。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



ルワンダ滞在中は、ニャマタ、ニャンザ、ムランビなどのジェノサイドの現場や記念館を訪れました。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



先ほど、キガリで体調を崩していたと少し書きましたが、それはこのよう場所を見学し非常に重いものを見せられてげんなりとした気分になっていたこととも無関係ではないと思います。



ミルコリンのホテル内にはジェノサイドをテーマとした絵画なども展示されており過去から通ずる歴史を肌で感じられる場所です。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



このような展示物が何枚も飾られていました。



ホテルルワンダ ミルコリン 写真



こうした場所に身を置いて想いを巡らせるというのはとても貴重な経験になると思います。



その意味で、ミルコリンは単なるホテル以上の場所といえるかもしれません。



以上、今回は映画「ホテルルワンダ」の舞台となったミルコリンについての紹介でした。


スポンサーリンク


最新おすすめ記事

1

先日、韓国に行った際、DMZ・板門店観光ツアーに参加してきました。今回はツアーの予約から当日の様子までをレポートしたいと ...

-ルワンダ
-,

Copyright© Into the World , 2019 All Rights Reserved.