ベトナム

【盲点】ベトナム経由便でトランジット時に入国する際の注意点

更新日:

先日、ベトナム経由便でタイに行ってきました。



これは、帰国後に気付いたことなのですが、ベトナム経由便でトランジットの待ち時間を利用してベトナムに入国する場合には注意点があることが分かりました。



ベトナムのビザなし入国の条件や実際に自分が購入した航空券や旅行の予定について触れながら説明していきたいと思います。


スポンサーリンク


ベトナムのビザなし入国条件の確認





日本のパスポート保持者は、以下の条件を満たす場合、最大15日間の滞在が許可されます。


(i) 出国日におけるパスポート有効期限が6か月以上ある。
(ii) 前回のベトナム出国日から30日以上の期間が経過している。(旅券でのベトナム出国税関審査官の最新出国印に基づく)。
(iii) 往復航空券又は、第三国への航空券が必要です。
(iv) ベトナム入国禁止対象者リストに属しない。

参考http://www.vnembassy-jp.org/



二番目の「前回のベトナム出国日から30日以上の期間が経過している」というのがけっこう盲点だと思います。



今回の旅行で見落としていた点もまさにこれになります。



それでは、以下、具体的に見ていきたいと思います。


自分が購入したチケットと旅程の問題点

OLYMPUS DIGITAL CAMERA




今回、私の場合は、以下のような旅程の航空券を購入していました。


【往路】 日本 → ホーチミン → タイ
 ※トランジットの時間を利用して入国しホーチミンで観光・一泊して翌日朝の便でタイへ
【復路】 タイ → ハノイ → 日本
 ※トランジットの時間を利用して入国しハノイで観光して深夜便で日本へ




航空券を予約する際に、あえてトランジットの時間が長いものを選んで購入し、往路と復路のそれぞれでベトナムに入国し、往路ではホーチミン、復路ではハノイを観光する予定でいました。



日程も30日を超えるような長いものではないので、これだと上記2番目のルールに引っかかってしまうことになりますね。



そうなのです。ビザなしでは往路と復路の両方でトランジット入国することはできないのです(前回の出国から30日以上経過していない場合)。



で、実際に自分がどうなったのか結論から言ってしまうと、幸か不幸か予約していた往路の便が欠航となりトランジットの待ち時間が短い便へと振替となったため、ホーチミンで一泊して観光するということは不可能となりました



復路の便については予定通りのものに搭乗できたためベトナムに入国しハノイを少しの時間観光することができましたが、もし往路のフライトがキャンセルとならずに予定通り入国していたとしたら、復路では入国できなくなっていたはずです



もしそうなっていたとしたら、ビザのことなど何も調べていなかったのでなぜ入国できないのかとけっこうパニックになっていたと思います。



往路での入国が不可能となってしまったため、予約していたホーチミンでのホテル代などは無駄になってしまいましたが、想定外のトラブルは避けることができました。



もっとも仮に入国拒否されていたとしても、空港内で待機するだけなので大きなトラブルに発展することもなかったと思いますが。


スポンサーリンク


トランジットでベトナムに入国する際の注意点





以上が、今回経験したことでわかったベトナム経由便でトランジット時に入国する際の注意点です。



まとめるとトランジットの時間を利用してベトナムに入国したいという場合は次のような注意が必要です。


注意ポイント

自分のように往路と復路の両方で入国して観光しようという欲張りな人は少ないかもしれませんが、往路と復路のどちらか一方でしかできません(30日以内のビザなし旅行の場合)。




アライバルビザなどのビザを取得するという手もありますが、わずか数時間のためだけに取得するというのもあまり現実的ではない気がします。


ポイント

航空券を選ぶ際は、往路か復路のどちらかを待ち時間の長いものにしてもう一方をできる限り待ち時間の短いものにするという選び方をするのが理想だと思います。




ベトナムはあまり頻繁に行く国ではなかったのでビザについての詳しい情報を知らなかったのと、事前の確認についても滞在日数もトランジットのみの短いものだったので、ビザが不要だということと、ビザなしで滞在できる期間だけをさらっとチェックしただけだったのがいけませんでした。



そのほかの注意点についても補足として触れておくと、トランジット時間の長さによって入国を拒否される場合もあるという情報も見かけました。短すぎるとダメということですね。



もっとも、2018年現在、入国カードの記入が必要なくなったのでイミグレーションのスタッフが通常の入国かトランジットで数時間の入国かなどは分からないと思いますが。



自分の入国審査のときは何も聞かれずすんなりといきましたが、出国用の航空券の提示を求められたりすることもあると思いますし、そもそもトランジットの時間が短すぎるとまともに観光もできず飛行機に乗り遅れる可能性もあると思いますのでおとなしく空港内にいたほうがよいと思います。


30日ルールには特に注意





この30日ルールには、今回自分が経験したようなトランジット入国以外にも、例えばバックパッカーの人で東南アジアを回っていて一度ベトナムに入りカンボジアなどの周辺国に出国し再びまたベトナムに戻るというケースでも引っかかるので注意が必要ですね。



隣国のタイにも、陸路での入国が年二回までという意外に知られていないルールもあるように、旅行前にビザ情報について調べるのは大事です。特に自分がこれまで行ったことのない国の場合はなおさらですね。



また、ビザのルールはけっこう変わったりすることもあるので旅行前に最新の情報をチェックしておくようにしましょう。


スポンサーリンク


最新おすすめ記事

1

先日、韓国に行った際、DMZ・板門店観光ツアーに参加してきました。今回はツアーの予約から当日の様子までをレポートしたいと ...

-ベトナム
-

Copyright© Into the World , 2019 All Rights Reserved.