映画

映画『囚われ人』はフィリピン・パラワン島観光客誘拐事件を描く

https://into-the-world.com

今回は、『囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件』(2012年)という映画について紹介します。

2001年にフィリピンのパラワン島で実際に起きた観光客誘拐事件を描いた作品です。

スポンサーリンク

囚われ人の作品情報

タイトル 囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件
公開 2012年
監督 ブリランテ・メンドーサ
作品紹介 フィリピン人監督のブリランテ・メンドーサ(『キナタイ マニラ・アンダーグラウンド』)が2001年5月に起きた実際の事件を映画化。

囚われ人の動画配信情報

Amazon Prime Video
×
Hulu
×
Netflix
×
TSUTAYA TV
U-NEXT おすすめ

(※配信情報は2020年4月時点のものです。)

各配信サービスでは2週間~31日間の無料体験期間があります。期間内に解約すれば料金は発生しないので無料体験を利用して好きな映画を見ることができます。

囚われ人の登場人物(キャスト)

テレーズ(イザベル・ユペール) NPOのフランス人活動家。たまたまパラワン島を訪れていたときに誘拐事件に巻き込まれる。
ソルダット(ラスティカ・カルピオ) テレーズの同僚女性。誘拐事件に巻き込まれ、道中、命を落とす。

囚われ人のストーリー(あらすじ)

2001年5月、フィリピン・パラワン島の高級ホテルにイスラム系過激派グループが押し入り21人の観光客が誘拐される。人質にされたフランス人のテレーズらはミンダナオ島に運ばれる。

拘束された人質たちは身代金の交渉を画策する過激派たちと共に長期に渡りジャングルの中での移動生活を強いられる…。

スポンサーリンク

感想や見どころ

ここからは少しネタバレになります。

パラワン島観光客誘拐事件とは

この映画で描かれている誘拐事件は実際の事件です。

フィリピン・ミンダナオ島を拠点とするイスラム系過激派組織アブ・サヤフによる犯行で、人質の解放には時間を要し拘束日数377日、移動距離約1,600kmにも及んだといいます。

主人公のデレーズの存在など一部フィクションが加えられているようですが、映画の内容の大部分は事実に基づいたものです。

生々しく描かれる内情

事件の発生から時系列に進んで行く様子はドキュメンタリーのよう。

拘束された人質たちはジャングルの中を歩かされ、道中では死者が出て、身代金が支払われた人質は解放されていく。

人質の中には殺される者もいれば結婚を迫られる者もいる。

911のテロのニュースが入ると過激派たちは歓喜する。

政府軍による敵・人質見境のない攻撃にさらされる恐怖といっこうに救出される気配がない絶望感。

テレーズと少年兵の交流。

これらを通して拘束生活の内情が生々しく描かれます。

事件の背景と映画が問うこと

この誘拐事件の解決が長期化したことの一因に2001年9.11後の「テロに屈しない」という機運の高まりにより、各国政府の身代金要求への対応に影響を与えたこともあるようです。

身代金支払いの是非という問題は別にありますが、支払いを拒否する各国政府の冷淡な対応を疑問視しているようにも思えます。

また、支払われた身代金を着服し、人質救出に積極的ではないフィリピン政府・軍の闇も問題視しています。

この映画は誘拐事件を起こす過激派を単に批判するような作品ではなく上記のような様々な問題を浮き彫りにする作品といえるでしょう。

社会の闇を告発するブリランテ・メンドーサ監督の特色はこの映画にも現れているといえます。

おわりに

この映画の評価

以上、今回は、『囚われ人』という映画についての紹介でした。

事件の舞台となったフィリピンでは今でも誘拐事件が断続的に発生しています。

映画だけではこの事件の詳細や背景などまでは学ぶことはできませんが、フィリピン(東南アジア)でのイスラム過激派の活動などについて考えるきっかけになる1本だと思います。

スポンサーリンク

最新おすすめ記事

1

先日、韓国に行った際、DMZ・板門店観光ツアーに参加してきました。今回はツアーの予約から当日の様子までをレポートしたいと ...

-映画
-

© 2020 Into the World