広告

【屏東】慈鳳宮の見どころ・感想・基本情報※媽祖を祀る大規模な廟

台湾・屏東にある慈鳳宮について紹介します。

媽祖を祀った大規模な廟です。

スポンサーリンク

慈鳳宮の見どころと感想

慈鳳宮 屏東 見どころ 感想 基本情報 媽祖 廟

慈鳳宮はどんなところ?

慈鳳宮(ツーフォンゴン)は台湾屏東市に位置する、媽祖(まそ)を祀る歴史ある廟です。1737年に建立されたこの廟は、台湾での媽祖信仰の中心地の一つとして知られています。元々は「阿猴媽祖廟」として知られ、屏東の旧名「阿猴」にちなんでいます。

乾隆帝の時代に建立された後、信者の増加に伴い拡張され、1825年には「慈心濟世、鳳德化民」(慈悲の心で人々を助け、高い徳で人々を導く)の理念のもと「慈鳳宮」と改名されました。

1983年の大火で御殿が焼失しましたが、2002年には復元され、今日に至ります。

媽祖とは

媽祖は道教における海の女神で、漁師や船乗りの守護神として中国や台湾で広く崇拝されています。

慈鳳宮へのアクセス(行き方)

屏東駅(台湾鉄道)から徒歩約3程度。

見どころ・感想

こちらが慈鳳宮の外観になります。

慈鳳宮 屏東 見どころ 感想 基本情報 媽祖 廟

慈鳳宮は屏東市内で最大級の廟とされ、その豪華な装飾や建築は多くの訪問者を魅了しています。毎年、媽祖の誕生日にあたる旧暦3月23日には、大規模な祭典が開催され、地元の人々や観光客で賑わいます。

慈鳳宮の基本情報

慈鳳宮の場所の地図は以下の通りです。

住所 屏東市中山路39號
電話 +88687322967
営業時間 5:00~22:45
HP https://www.323pt.org.tw/

おわりに

以上、慈鳳宮についての紹介でした。

屏東へ行った際には訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

人気記事

1

海外旅行の個人的な楽しみのひとつに空港ラウンジ巡りがあります。空港ラウンジは決して一部の特別な人しか利用できないわけでは ...

-台湾
-