広告

【嘉義】KANO園区の見どころ・感想・基本情報※嘉義農林学校跡地近くの公園

台湾・嘉義にあるKANO園区について紹介します。

野球で有名な嘉義農林学校跡地近くにある公園です。

スポンサーリンク

KANO園区の見どころと感想

KANO園区 見どころ 感想 基本情報 嘉義農林学校跡地 公園

KANO園区はどんなところ?

KANO園区は、嘉義農林学校跡地(現国立嘉義高級商業職業学校)近くに位置する公園です。

園区内には、映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』および嘉農野球部にまつわるオブジェやパネルが多数設置されています。

KANO園区へのアクセス(行き方)

嘉義駅(台湾鉄道)から徒歩約35分。

北門駅から徒歩約20分。

見どころ・感想

公園入口は野球場を模したデザインになっています。

KANO園区 見どころ 感想 基本情報 嘉義農林学校跡地 公園

地面には映画の中でも登場する言葉が刻まれたプレートが多数埋め込まれています。

KANO園区 見どころ 感想 基本情報 嘉義農林学校跡地 公園

こちらはボールとバットのオブジェ。

KANO園区 見どころ 感想 基本情報 嘉義農林学校跡地 公園

バットには部員たちの名前が書かれています。

KANO園区 見どころ 感想 基本情報 嘉義農林学校跡地 公園

近藤兵太郎監督の名前もありました。

KANO園区 見どころ 感想 基本情報 嘉義農林学校跡地 公園

こちらにも大きなバットとボールのオブジェ。その後ろにはビジターセンターと土産物などを販売するkano遊客中心-嘉義之森Jmoriがあります。

KANO園区 見どころ 感想 基本情報 嘉義農林学校跡地 公園
スポンサーリンク

こちらは甲子園準優勝時の部員を紹介するパネルです。

KANO園区 見どころ 感想 基本情報 嘉義農林学校跡地 公園

一人一人の選手の特徴や略歴が紹介されています。

KANO園区 見どころ 感想 基本情報 嘉義農林学校跡地 公園

こちらはKANO景観球という直径5mある巨大なボールのモニュメントです。

KANO園区 KANO景観球

そしてこちらは「威震甲子園」と書かれたバットのモニュメントです。

KANO園区 威震甲子園

公園内には嘉義市立野球場もあります。日本統治時代の1918年に完成した嘉義公園球場が前身です。

KANO園区 嘉義市立野球場

この球場を本拠地とするチームはないようですが、プロの公式戦も行われるようです。

参考 映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』は台湾と日本の歴史的な繋がりを描いた後世に語り継がれる名作

KANO園区の基本情報

KANO園区の場所の地図は以下の通りです。

住所 嘉義市東區山仔頂249-1號
営業時間 施設により異なる
※園内は24時間
HP https://www.chiayi.gov.tw/en/cp.aspx?n=1288

おわりに

以上、KANO園区についての紹介でした。

嘉義へ行った際には訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

人気記事

1

海外旅行の個人的な楽しみのひとつに空港ラウンジ巡りがあります。空港ラウンジは決して一部の特別な人しか利用できないわけでは ...

-台湾
-