ラオス

ビエンチャンのPimenton(ピメントン)で食べる本格的なステーキ

更新日:

数年ぶりに訪れたビエンチャンですが、以前はあまり見られなかったおしゃれなレストランやバーが増えてきているように感じました。



店員が外国人の店もいくつか見かけましたので、外国人経営の店も増えてきているのではないでしょうか。


スポンサーリンク



今回は、そんなビエンチャンにあるPimenton(ピメントン)という本格的なステーキのお店を紹介したいと思います。



pimenton_1



こちらのお店はステーキ専門の店かと思ったのですが、スペイン人が経営しているスペイン料理の店のようです。



昼はスペイン料理のランチメニューを提供したりしながら、夜はステーキを提供しているようです。



お店がある場所は、ノーケオクンマーン通り(Rue Nokeokoummane)にあります。



店内の様子です。



pimenton_2



非常に小洒落た内装です。



pimenton_3



1階のスペースはあまり広くありませんが、2階にも席がありました。



pimenton_4



平日の夜でしたがほぼ満席で、お客さんのほとんどが外国人でした。



さて、ステーキが目当てで来たので、当然ステーキを注文します。



200,000kipくらい?の肉を選択しました。



メニューには、和牛も確かありましたがさすがに高かったですね。



pimenton_5



こちらが運ばれてきたステーキです。サイドメニューなどは頼まず肉だけです。



pimenton_6



焼き具合もバッチリでかなり本格的な味に大満足です。



サイドメニューもいろいろあったので、予算は一人最低30ドル~40ドル程度は見ておいたほうがいいと思います。



ラオスにしてはかなり高額ですが、味を考えればそれでも安いのかなと思います。



このお店に限らず、ビエンチャンにはヨーロッパ料理を提供するお店がけっこうあるようなので、おいしいお店を探してみるのをいいかと思います。


スポンサーリンク


-ラオス
-, ,

Copyright© Into the World , 2019 All Rights Reserved.