ミャンマー

ヤンゴンのシュエダゴォン・パヤーには夕方行くのがおすすめ!

更新日:

ミャンマーのヤンゴンにあるシュエダゴォン・パヤーに行ってきたので、そのときの写真を紹介したいと思います。



このシュエダゴォン・パヤーは、仏教国であるミャンマーの最大の聖地とされているスポットで、一日中地元の人たちが参拝に訪れています。



テレビでミャンマーのことが紹介されるVTRではたいていこのパゴダが出てくるくらい有名な場所といえます。


スポンサーリンク



この黄金のパゴダは、写真等ではもちろん見たことはありましたが、実際に間近で実物を見るとその大きさに驚かされます。



SP_1



夕方の時間帯に行ったのですが、こちらは着いたばかりの時の写真です。あいにくこの日は天気があまりよくありませんでした。



SP_2



夜になるとこのシュエダゴォン・パヤーはライトアップされるのですが、日が沈むにつれて、徐々にライトアップがはじまります。



SP_3



日没のライトアップを目当てにやってくるミャンマーの人も多いみたいですね。



SP_4


スポンサーリンク



空が暗くなるにつれて、パゴダが目立つようになってきます。



SP_5



修行中?



SP_6



だいぶ暗くなってきました。



SP_7



日が完全に沈むと、下の写真のように暗闇の中に黄金のパゴダがくっきりと浮かび上がります。きれいです。



SP_8



ライトアップされたパゴダは一見の価値ありです。



本当はこの日、朝、シュエダゴォン・パヤーに行くつもりだったのですが大雨が降っていたため断念していたのです。そして、雨が止んだ夕方に行くことになったのですが、結果的にそれが正解でした。



入場券は確か一日有効なはずなので、朝と夜の二回に分けて行く人もいるようですが、この時間帯に行けば、写真を撮りたい人も、1度の訪問でいろいろな表情の写真を撮ることができると思います。


スポンサーリンク


-ミャンマー
-, ,

Copyright© Into the World , 2019 All Rights Reserved.